MENU

安いスジボリ道具『サテライトペンツール ペンスクレーパー』 レビュー

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介するのは…

サテライトペンツール ペンスクレーパーです!?

f:id:otoutotozen:20210207200134j:image

これとてもいいです!

スジボリに興味があるけど、道具が無いって人にオススメ!

今回はこの商品をレビューします。

お値段

まずは気になるお値段!

918円!(編集時)

安い!

良く紹介されているスジボリ道具では、タガネとか紹介されていますが高価な物で、さらに太さとか数種類有りとても初心者には手が出せません↷

でも、このペンスクレーパーなら1000円しますがタガネに比べたら安いので、初めてのスジボリはこれで決まり!

内容物

このペンスクレーパーなんと3本入ってます!(見ればわかりますが)

幅が0.5mm、1mm、2mmの3種類です。

1000円以下で3種類も試せます。

無論使い勝手も悪くないのでこの幅ならこれで十分そうです。

実践

では実際に使って見た感想に移ります。

まずは、スタンダードにスジボリ。

ガイドテープやマスキングテープを重ね、ガイドに沿って何度もなぞっていきます。f:id:otoutotozen:20210207232538j:image

f:id:otoutotozen:20210207232603j:image

こんな感じです。

0.5mmなら丁度いいスジボリが出来ます。

1mmや2mmは少し大きいので一度0.5mmで掘った後にやるとやりやすいですね。

 

次は段落ちモールド。

パーツの間にプラ板を挟んでプラ板に沿って何度もなぞっていきます。

f:id:otoutotozen:20210207232708j:image

f:id:otoutotozen:20210207232743j:image

こんな感じです。

これすごく簡単です!

段落ちモールド用の道具も有りますがこれで十分な気がします。

 

後はセメントで接着したあとのムニュを削り取ったり出来ます。

削り過ぎないように気おつけながらなぞるだけです。

f:id:otoutotozen:20210207232817j:image

f:id:otoutotozen:20210207232947j:image

こんな感じです。

意外と役立ちます。

狭い場所や角なんかをカリッと取れます。

無論やりすぎると後戻り出来ないので要注意です!

 

主な用途としてはこのぐらいだと思います。

まとめ

安くて使用感に問題はありません。

高価な道具を買う前の練習用ならこれです。

無論使い勝手が良いので幅さえ合えばこれで十分です。

使い方もスジボリのみでは無いので多用途で使えそうです。

お値段の割に優秀なので使って見てはいかがでしょうか? 

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回購入した道具です。

etc.#4 ドラゴンボール悟空フィギュア ・フィギュアウェザリングに挑戦

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介するのは…

ドラゴンボール悟空 身勝手の極意です!?
f:id:otoutotozen:20210103210925j:image

今度はフィギュアてす!

同僚からのご依頼品が有り、ウェザリングにてリアルにしたいと思います。

今回頂いたフィギュアは、肌がツルツルでおもちゃ感全開ですので、ウォッシング等で濃淡をだせばリアルに見える様です。

ウォッシング

まずはウォッシング!

やり方は簡単、ウェザリングカラーを薄めて筆でビシャビシャと大胆に塗り、影の出来ない箇所(平面な所)を重点的にふきとります

 

まずは服や靴の青をマルチブラックにてウォッシング!

比率は適当にしました、塗料1に対して薄め液2ぐらいかと思います。

↓ウォッシング前
f:id:otoutotozen:20210103211257j:image

 

↓ウォッシング後
f:id:otoutotozen:20210103211316j:image

 全体的に暗くなりましたね。

マルチブラックなので黒くなりますが深みが出ていい感じです。

溝に黒が入り影みたいに見えて良くなると言うことですね。

やり過ぎた場合は薄め液を染み込ませたティッシュや綿棒などを使って拭き取ればとれますが、傷とかザラザラな所が色が染み込んじゃったりして取れない時が有るので要注意です。

 

同じ要領で、髪も銀色なのでマルチブラック。

肌やズボンはグランドブラウンでウォッシングしました。

肌とか色が付きすぎると嫌な箇所は薄め液の比率を増やせばOK!

そしてウォッシング完了したのがこちら
f:id:otoutotozen:20210103211355j:image

 かっこいい⤴

戦闘で汚れた感が半端ない!

簡単ですが、陰陽を考えて拭き取ったりと意外と繊細かもしれません。

 

そして、つや消し吹きます!
f:id:otoutotozen:20210103211429j:image

持ちやすいようにペットボトルに固定!

なんか滑稽です(笑

 

出来上がったのがこちら↓

f:id:otoutotozen:20210103211443j:image

筋肉のメリハリ!

道着の破れた所の影の付き方!

ウォッシングは素晴らしいです。

 

ウェザリングマスター

 次にウェザリングマスターにて粉をつけていきます。

明るくなって欲しい所には白系でポンポン。

道着とか破れた先などはメリハリで黒系をポンポン。

道着の折り目等には砂が付いてる感をつけたいので砂系をポンポン。
f:id:otoutotozen:20210103211607j:image

 んーあまり変わりませんね↷

下手なだけかもしれませんがウォッシングに対しては効果は薄い気がします。

 気になる箇所だけやるって感じでいいかも。

泥付け

 最後に泥付けです。

戦っていると普通靴は砂まみれになりますよね?

その表現です。

ウェザリングカラーのサンディウォッシュを混ぜずに沈殿している塗料をすくって使います。

すくった塗料はドロッとしているのでそのまま靴になすり付け、その後ティッシュで拭き取るだけです。

 過程の写真を撮り忘れました💧

 なので完成写真を見てください!

完成


f:id:otoutotozen:20210103211729j:image
f:id:otoutotozen:20210103211743j:image
どうでしょう?

靴の砂汚れ感半端ない!

戦闘中のリアルな感じが表現出来たと満足!

作業自体は簡単ですが、上手く仕上がるかは感性による気がします。

私は泥付け前ぐらいが好きかもしれません。

皆が皆同じ感性では無いので、自分のカッコいいが出来ればOKではないでしょうか?

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回使用した道具です。

 

 

 

 

etc.#3 スパイダーマン首振りフィギュア ・キャンディ塗装完全に失敗!!

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介するのは…

スパイダーマン首振りフィギュアです!?

f:id:otoutotozen:20210102143119j:image

壊れているので好きにしてくださいと譲り受けました!

せっかく譲り受けたので塗装練習やらで使って見ようと思います。

状態

初めに頂いた状態ですが、目の部品が外れてしまっています。

そして、LEDで光る仕組みが有りますが光りません。

分解してみました!
f:id:otoutotozen:20210102143440j:image

頭の上半分が取れそうですが、固くて取れません⤵︎ ︎

前の金色の部分を無理やり押し込んではめるしかありません…

LEDは光らないので諦めます!

パテ埋め

まずはパテ埋め!

何度かやりましたが再度練習!

f:id:otoutotozen:20210102144207j:image

裏のLEDのON,OFFスイッチの所埋めてみます!

今回はラッカーパテを使いました。
f:id:otoutotozen:20210102144454j:image

1日程放置してヤスります。

f:id:otoutotozen:20210102144854j:image

水研ぎで600→1200→1500とやってみました。f:id:otoutotozen:20210102145015j:image

これで塗装前のまで完了!

しかしここで1つ目の失敗⤵︎ ︎

スイッチのカバーは埋まりましたが、頭上半分のつなぎ目のパテはすぐ割れてしまいました。

接着して無い部分は駄目ですね、反省です。

ともあれ、今回は練習なので次の工程へ進みます。

キャンディ塗装

次は塗装ですが、顔はゴールドに、頭は赤のキャンディにします!

まずはガイアノーツさんの銀サフで下地を作ります。

f:id:otoutotozen:20210102145727j:image

(実際はもう少しサフを重ねました)

次に何を思ったかシャドウみたいな塗装したかったので縁などを黒で塗装しました。


f:id:otoutotozen:20210102150304j:image

細吹が上手く出来ませんでした⤵︎ ︎

これはハンドピースもダメそうですが、力量不足も感じます。

練習が必要そうです!

そして、クリアーレッドを噴射!


f:id:otoutotozen:20210102150452j:image

完成です!!


f:id:otoutotozen:20210102150557j:image

f:id:otoutotozen:20210102150640j:image

??

f:id:otoutotozen:20210102150713j:image

んーいまいち感が半端ないです。

赤色が白っぽく見えますね⤵︎ ︎

実物は白っぽく見えないのですが、輝きが足りません。

下地が銀サフでは弱いのかも知れません。

光沢黒→シルバー→クリアーと段階を踏まないとダメですね。

シャドウは縁のみを上手く吹けばかっこ良さそうです。

後は、顔部品を無理やりはめ込んだ際に塗装が剥げました。

ドライブラシで剥げを隠そうとしましたがカッコ悪くなりました…

擦れには勝てませんので要注意です!

スジボリ

塗装も上手く出来なかったので、スジボリの練習もやってみました。

スジボリ用テープとサテライトのペンスクレーパーで練習です!
ペンスクレーパーはスジボリ道具にしては安価でおすすめです!

と言うか私はこれしか無いです…

タガネなど高価で初心者にはてがでませんね。

なのでペンスクレーパーです!
f:id:otoutotozen:20210102152742j:image
やり方はテープ貼ってなぞるだけです。

スジボリ用テープがなければマスキングテープを2重に貼ってもいいそうです。

なぞる時に丁寧、慎重に何度も互いの方向からゆっくり掘ればだいたいOK!

f:id:otoutotozen:20210102152901j:image

f:id:otoutotozen:20210102152837j:image
こんな感じです。
曲面で少し難しいですが、結構いい練習になりました。

まとめ

スパイダーマン自体は結局練習台になってしまったので完成せずですが、今後もいろんな練習台になって貰おうと思います。

練習出来るものが有ると、とりあえずやってみる事が出来るのでとても助かりそうです。

失敗した作品など練習用に使ってみてはどうでしょうか?

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回使用した道具です。

 

 

 

#4 HGUC RX-78-2ガンダム ・子供とパチ組

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体は…

HG ファーストガンダムです!?f:id:otoutotozen:20201230215015j:image

今更ながら原点のファーストガンダム

子供がお小遣いで買いました。

ファーストガンダムですが店頭では800円ぐらいで買えちゃいます。

最近のプラモは1000円以上する物が多いですが、数少ない3桁代のガンプラです!

エントリーグレードを買って欲しかったのですが、発売前で我慢できそうに無いのでこちらになりました。

お助けしながら子供が製作する事にしました。

製作

今回は子供と一緒に作るコンセプトなのですが、ニッパーを扱わせるのがまだ恐いので、私が切り出したのを息子が組み立てる事にしました。

息子(6才)の握力が少し弱いので、パーツをキッチリはめれませんが、そこはさりげなく後でしっかりはめ込みます。

パーツ数は少な目で、手こずる箇所も無くあっさり完成です。

ですが、侮れないほどの完成度が有ります。

さすが昔から作られてきた歴史が詰まってます!

今回は墨入れもしてません。

(口だけはやりました)

またこっそり墨入れしようと思います♪

完成レビュー

特に事件も起こらなかったので、内容薄いですがレビューに移ります!

まずは完成品がこちら

f:id:otoutotozen:20201230215201j:image

f:id:otoutotozen:20201230215216j:image

f:id:otoutotozen:20201230215235j:image

f:id:otoutotozen:20201230215257j:image

文句なしです!

素でカッコイイ!

あえて書くなら子供が遊んでたら、手の甲やビームサーベルがポロポロ取れます。

もともと飾る物なので使用がないですが💧

はめ込み部分を固くすればもっと遊びやすくなりそうです。

ボンドなんかで凸のパーツを太くすればいい見たい。

また挑戦しよう!

何はともあれ子供と一緒に作ってるとむずがゆい場面とか有りますが、自分の感性で一緒に作ってはダメですね。

もっと自由に色塗ったり手放しでやらせれたら楽しいかなと思いました。

ですが、息子も『楽しい』『早く続きを作ろう』

などと言っていたので作って良かったです。

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回使用したキットです。

初エアブラシ購入!Ausuc エアブラシコンプレッサーセット オイルレスエアーコンプレッサー 3Lタンク付 レビュー

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介するのは…

エアブラシコンプレッサーセットです!?
f:id:otoutotozen:20201224110549j:image

初めてエアブラシを買いました。

この商品を選んだ理由ですが、最近ガンプラ製作の道具を少しづつ増やしていましたが、段々と費用が積み重なりお財布の方が寂しくなってきました。

どうしてもエアブラシを使ってみたかったので1万円で買えるものに限定しました。

 探してみるとお勧めでよく上がっているのが、メテオやコンプレッサーが一体型になった充電式の物が多かったです。

ですが一体型だと本体が邪魔そうなので辞めました。

そうして、いろいろ調べてる内に、安くてハンドピースとコンプレッサーが付いていて更にエアータンクまで付いている魅力的な商品に出会いました!

Ausuc エアブラシコンプレッサーセット

今回はこの商品をレビューします。

お値段

まずは気になるお値段!

なんとエアーコンプレッサーにエアータンク更にハンドピースまで付いてなんと

10770円!

はい、1万円超えました⤵︎

少しなので許して下さい💧

内容物

・1×ダブルアクションエアブラシハンドピース
・1×ノズルスパナ
・1×スポイト
・1×自動停止搭載コンプレッサー3Lタンク付き
・1×スタンド
・1×エアホース
・1×収納ケース
・1 x説明書
・5×クリーニングニードル
・5×ブラシ、1 xシールテープ

 

一式揃ってますので後は塗料等が有れば使えます。

外に持ち出して使うのは現実的では無いので塗装ブースなんかも必要ですね。


f:id:otoutotozen:20201223142325j:image

ハンドピースを置く物?

裏が錆びてます💧

私は使う予定ないので良いですが、海外製品なのでこんなものでしょう。

性能

Amazonさんに書かれている性能↓

【オイルレスエアーコンプレッサー】馬力:1/5、電源:AC100V(50/60Hz)、エアー吐出量:23~25L/min、最大空気圧:4.0kgf/cm2、最大圧力:6.5Bar / 95Psi、低騒音エアコンプレッサー、自動停止機能、耐保護機能付き、安全弁、エアーホース(1/8 BSP)付、エアーレギュレーター/ウォーターセパレーター(圧力計付)。 タンク容量:3L 、サイズ(約):本体 L310×W135×H310 mm
【エアブラシミニコンプレッサー】耐保護機能付き、自動的に電源を切れます。オートスタート機能と自動停止機能を備えています。エアブラシアクセサリーセット付
【1本ダブルアクションエアブラシセット】エアーブラシタイプ :ダブルアクション、エアーブラシカップ容量:7cc(重力式)

いろいろ書かれてますが初めてなので細かい所までよく分かりません!

レビュー等では値段からすると申し分無いとの事。

実践

では実際に使って見た感想に移ります。

まず準備ですが、レギュレータにホース繋いでホースの先にハンドピースを繋いで終わり!

簡素な作りです。

今回はガイアノーツさんのサーフェイサーエヴォブラックでテストします。

まずはコンプレッサーの電源ON!

音は少しうるさいぐらいです。

壁を1枚挟んでも弱まりますが聞こえます。

エアータンクは1分くらいで貯まってコンプレッサーが止まります。

少しエアーを吹くとまたコンプレッサーが動いてエアーが貯まったら止まります。

作業の合間とかに音が止まるので凄く良いです!

続いて塗料を吹いてみます。

カップに塗料を入れてノズルを引いて発射!

特に問題なく出ます。


f:id:otoutotozen:20201223143153j:image

初心者なので良いのか分かりませんが普通に使えます。

気になる所は、日本の製品?は圧力をMpaで表示してますがこのコンプレッサーはpsi表示です。

1MPa=約145psiですので、0.08Mpaで吹いてますと書かれてる記事などを参考にする場合、0.08Mpa×145psi=11.6psiと計算しないといけません。

後はハンドピースですね。

後日クレオスのダブルアクションのハンドピースを借りて吹いて見ましたが、押し込みの空気量の調整が段違いな気がします。

むしろ空気を出すか出さないかのボタンで調整出来ない気がします。

まとめ

安くて使用感に問題はありません。

ですが、コンプレッサーは空気圧の調整、ハンドピースの空気量の調整が難しそうなので、グラデーション等の細かな作業は苦労しそうです。

全塗装やサフ吹等ではこれで十分。

細かな作業をしたければハンドピースを購入すれば上手く行きそうです。

とは言え初心者なので、遠分はこれで楽しみたいと思います!

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回購入した道具です。

自作塗装ブース作りました。全部で1万円ぐらい!

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介するのは…

自作塗装ブースです!?

f:id:otoutotozen:20201219181219j:image

ネットで皆さん既に紹介されている物をまねして作成しました。

シロッコファン?と呼ばれるものですね。

材料探しに行くのも面倒なので基本はネットで購入。

箱はファンのダンボールで済ませました。

作成した経緯はキッチンの換気扇下で、ダンボールに向かって塗装してみましたがサフが舞い上がり断念⤵︎

その後ベランダに移転しましたが寒いし風が邪魔するしと劣悪環境でした⤵︎

そして今回塗装ブースを導入しようと決心したのですが、正規品は高くて悩ましいので少しでも安くと思い自作になりました。

御値段

まずは肝心な御値段!

全部で約10000万円!

ほぼAmazonさんにて買いました。

以下詳細

Panasonic 天埋換気扇 FY-24BM6K :5604円

Batreetek フレキシブルダクト口径80mm 長2m:1080円

エアテックス レッドサイクロン用排気口アタッチメント:1371円

三菱電機 MITSUBISH換気扇コンセント P-01DC :477円

GSIクレオス GT03H Mr.スーパーブース用 ハニカムフィルター :372円

あと近所で買った換気扇フィルター300円ぐらい。

f:id:otoutotozen:20201219181108j:image

製作

まずはダンボールの裏にファンを置いて、ぺんで縁にそって置く場所を書き込みます。

そして、書いた四角の内側にファンが通る四角を書きます。

少し大きめだとスムーズに入りますね。

f:id:otoutotozen:20201219181500j:image

そして内側の四角部分だけ切り抜きます。

ダンボールの反対側の蓋もガムテープで繋げて斜めに切ってみました。

f:id:otoutotozen:20201219182900j:image

次にファンを差し込みます。

が!

しかし!

ギリギリにくり抜いたせいで排気口が引っかかり入りません…

ので四角の穴の下の少し残った部分の両端に切り込みを入れ穴を拡大します。

ファンを通した後に切った部分を戻してガムテープでくっつけました。

結果隙間の少ない物が出来た!💧
f:id:otoutotozen:20201219183218j:image

その後コンセントを指します。

指すだけで止まるので引っ張っても抜けなければ大丈夫。

f:id:otoutotozen:20201219183350j:image

そして排気口にダクトをかぶせてダクトに付いていた止め具をドライバーでしめて固定じます。

地味に止め具付なのが助かります。

f:id:otoutotozen:20201219184036j:image

最後にアタッチメントを付けて、止め具で締めれば完成!


f:id:otoutotozen:20201219192309j:image

完成と言いましたが、まだ内側があります。

近所で買い物のついでに買ってきたレンジフードフィルター。
f:id:otoutotozen:20201219192454j:image

テープ付だったので貼ってみました。f:id:otoutotozen:20201219192611j:image

そしてフィルターつけてー


f:id:otoutotozen:20201219192805j:image

ハニカムフィルターを少し切って入れ込んでー


f:id:otoutotozen:20201219192858j:image

これで終わり!

完成

f:id:otoutotozen:20201219192956j:image

時間は1時間ぐらいで出来ました。

思ったより簡単に出来て良かった♪

運転!

音はさほど気になりません。

キッチンの換気扇回ってる感じです。

キッチン用なので当たり前ですね💧

吸引もちゃんとしてるっぽい。

排気口からは扇風機中ぐらいの風が出てるのでそれなりに吸ってるのでしょう。

 

後ろのファンが耳の分すき間が出来るので端切れのダンボールを重ねてガムテープでまとめた物の上に置いてます。

あと電源指すと動き出しちゃうのでスイッチ付きのコンセントで電源入切りしてます。

テスト

性能テストをします!

よく分かりませんがティッシュペーパーで何枚張り付くか試すみたいです。

2層のティッシュを1枚としてくっつけました。

まずは1枚。
f:id:otoutotozen:20201219194549j:image

ビシッとくっつきました!

吸引している実感でました。

次に5枚


f:id:otoutotozen:20201219194727j:image

問題無し!

後で思ったのですがキレイに重ねないといけなかったのかな?

ずれてると端が吸っちゃうので不正になるのかな?

やってる時は気付いてなかったのでこのまま次に行きます!

10枚!

f:id:otoutotozen:20201219195149j:image

15枚!

f:id:otoutotozen:20201219195228j:image

20枚!


f:id:otoutotozen:20201219195250j:image

まだまだ

25枚!


f:id:otoutotozen:20201219195318j:image

大台30枚!


f:id:otoutotozen:20201219195347j:image

まだいける!

35枚!


f:id:otoutotozen:20201219195414j:image

とここで真ん中が浮いてきたので終わりました。

だいたい30枚は吸ってくれるのではと思います。

これが凄いのかよく分かりませんが上々でしょう。

 

まとめ

今回自作塗装ブースを製作しましたが、安くて意外と簡単に作れましたのでおすすめしたいです。

お金があれば正規品でいいと思いますが、同じ性能の物は倍ぐらいの値段しますのでそこが許容範囲かどうかですね。

実際に塗装して、塗料の臭いは少し残ってしまいましたが、サフの粉が舞ったりはしませんでした。臭いはエアブラシ以外の塗料を拭いた雑巾やらキッチンペーパーから充満しているのかもしれませんが…

後はライト付けたらいいかもしれません!

何はともあれ外での塗装から解放されて満足です!

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、購入した材料です。

 

 

 

 

 

etc.#2 ダイソー100均ロボ ・筆塗りの練習に丁度いい

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体は…

ダイソー100均ロボット』です!?


f:id:otoutotozen:20201212215337j:image

 

子供がダイソーにてロボットを発見しました!

塗装されてませんが、100均にしてはいい作りしてます。

それを見て塗ればカッコ良くなるのでは…

と思ってしまい子供に許可を取り筆塗りしてみることにしました。

仮組み

まずは、仮組です!

と言ってもパーツは既に切り離されているのでくっつけるだけ。

簡単なので子供に自分で作らせてみました。

少し硬い所や、足が外れやすいので苦戦していたので、手伝ってなんとか完成しました。

完成したのがこちら


f:id:otoutotozen:20201212215632j:image

100均にしては中々カッコいいですね。f:id:otoutotozen:20201212215649j:image

裏は穴だらけです。

ここで閃き💡

パテ埋めの練習をしよう!

パテ埋め

以前使ったポリパテにて穴埋めしました。

まずは穴が深すぎなので骨組みを追加していきます。

パテの強度や沈み問題やパテの使用する量を減らす事ができるのかな?

ガンプラのランナーの残りを適当に切って穴に放り込みます。

そして、適度に接着剤にて固めます。


f:id:otoutotozen:20201212215807j:image


f:id:otoutotozen:20201212215843j:image

次にポリパテですが、以前にもやりましたがおさらい。

ポリパテの二つを同じ長さに出し。


f:id:otoutotozen:20201212221823j:image

混ぜて。


f:id:otoutotozen:20201212221844j:image

塗る。


f:id:otoutotozen:20201212221931j:image

ハイ完成!

後は削るだけです。


f:id:otoutotozen:20201212221956j:image

少し沈んで平面だせませんでした。

少し厚盛を心掛けないといけませんね。

今回はこれで妥協です。

デザインナイフやヤスリ掛けをしていると、ミスを発見!


f:id:otoutotozen:20201212222018j:image

穴が埋まって肩に付きませんでした↷

幸いパテ埋めも浅かったので、ドライバーでほじれば簡単に削れました。

そんなこんなでパテ埋め終了。

筆塗り

特に変わった事はしてません。

とにかく家にある塗料で塗る箇所を考えて塗ります。

ラッカー系とエナメル系が有りましたので、ラッカーの後エナメルと順番だけ気にしました。

100均なのにいろんな装甲?とかが少し細かく表現されており、塗り分けしたりいろいろ練習になります。

塗り終わったらトップコートして終わりです。

完成


f:id:otoutotozen:20201212222621j:image

f:id:otoutotozen:20201212222641j:image

f:id:otoutotozen:20201212222723j:image

なかなかカッコ良くなった気がします。

やっぱり色を塗ると変わりますね。

ですが2点後々問題に気づきました…

まず1つ目、膝の裏のパテ埋めが何故か忘れてます!

もう何故うっかり忘れるのか謎ですね、しようがない。

2つ目は、触るとベタベタする箇所が有ります↷

トップコートしたのですが甘かったのかな?

さらさらな部品とベタベタなのが有ります。

しっかりトップコートはしましょう!

 

駄目だった点を書きましたが、筆塗りをやってみて塗料の隠蔽力など実感出来ました。

ガンプラを小さくした感じで、ウェザリングなんかも出来そうですね。

100円でお手軽なので、自分の色でカッコよくしてみてはいかがでしょうか?

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回使用した道具です。

 

 

#3 RGユニコーンガンダム ・パチ組でデカールのみのはずが‥

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体は…

RG ユニコーンガンダムです!?f:id:otoutotozen:20201129191906j:image

こちらを作るきっかけですが、なんと子供が誕生日に欲しいと言ってきたのです!

ユニコーンガンダムを見た事も無いはずなのに何故…

と思っていましたがどうやらYouTubeで大人がユニコーンのプラモデルで遊んでるのを見たみたいです。

YouTube恐るべし💧

ですが、何はともあれ趣味が同じなのは助かります。

 一緒に作りたいですがまだまだ不器用で出来ないみたいです。

と、本題のユニコーンですが今回は余計な事せず、パチ組のシールのみ貼りでfinishしようと思います。

切り出し・組み立て

余計な事はせず、今まで通り慎重に2度切りで切り出します。 

1.切り出しながら組み立て

特に書くことも無いのですが、ユニコーンのパーツを切っていて思ったのが白いパーツは白化が目立たないので楽です。

とは言え雑にせず2度切りです。

さすがリアルグレードパーツが多いです。


f:id:otoutotozen:20201129192246j:image

部位毎ぐらいに切り出しながら組み立てました。 

2.事件発生!

順調に組み上げていたのですが事件が発生しました↷

f:id:otoutotozen:20201129192316j:image

Gの44が無い!!!

足のパーツが見当たりません…

探し回って、掃除をしても見つかりません…

何故無くなるのだ…

ランナーから切り取られていたのですが記憶もありません…

ヤバいと思いネットで検索…

すると、救済処置が有りました⤴

バンダイ様が個別で売ってくれるそうです!

説明書に有る部品注文カードをコピーして欲しいパーツを書きます。

f:id:otoutotozen:20201129192402j:image

あとパーツ代を郵便局で値段分の定額小為替、切手と送る切手とバンダイ様が送ってくる時に使う切手を買います。

地味に郵便局で買うのが面倒ですね。

それらを封筒に入れ、表に切手を貼り宛名を書きます。

裏には自分の住所と名前を書いて終わりです。


f:id:otoutotozen:20201129192437j:image

後は早く来ることを祈りながらポストに入れるのみ!

 

そしてなかなか来ないとそわそわしながら2週間程立つと届きました!

f:id:otoutotozen:20201129192505j:image

バンダイ様有難う御座います!

これで完成できます、作業再開です。

3.デカール貼り

まずスミ入れしようかと思って足をして見たのですが意外と、まっ白な方がキレイな気がしたので辞めました。

で、デカール貼りですがユニコーンにはリアリスティックデカールが入ってます。

普通のシールと同じですが、リアル?になってるのかな?

このシール貼りですが私は苦手です。

位置がズレたり、貼り直してると折れちゃったり浮いて密着せず透明な所が白くなったりと、キレイに出来ません💧

そして今回調べて投入したのがこれ


f:id:otoutotozen:20201129192547j:image

その名もマークセッターです!

これを貼る箇所にちょこんと付けて、その後デカールを貼る。

液で浮いてるのでデカールが滑り位置決めが簡単!

後は余分な液を綿棒などで拭き取るだけ。

ノリ成分が入ってるらしいので剥がれる心配もなしです!

 

と大きく言いましたが、ネットで調べると水転写デカール用なので意味が無いとの意見が多い見たいですね。

位置決めをしたいならデカールを剥がした後に水にチョンと付ければ良いみたいです。

ですが私はこれで上手く出来たのでこれでいいかなと思ってます。

マークセッターはお安いですし♪

てなワケでマークセッターを使い大量のデカールを貼りました…

完成

そして、誕生日プレゼントなので、すぐ出来るはずだったのが、2週間遅れで完成しました。

それがこちら


f:id:otoutotozen:20201129192618j:image

f:id:otoutotozen:20201129192633j:image

f:id:otoutotozen:20201129192705j:image

 

うん、カッコイイですね!

白い機体に赤のデカールが映えます!

美しい機体って感じがします。

子供も満足しております♪

ですがやはり子供が触るとポロッとパーツが取れたりします。

接着剤で付けたい所ですが、ユニコーンは変形機構が有るので下手に固めれないので悩ましい💧

まぁ喜んでるのでOKです。

今度は一緒に作ったり出来たらなと思います。

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回使用した道具です。

 

#2-4 RG シャアズゴック ・完成! ドライブラシとチッピング

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体は…

引き続き『RG シャアズゴックです!?

前回までの塗装完了状態


f:id:otoutotozen:20201122192020j:image

 今回はウェザリングです。

ウェザリング

コンセプト鉄のロボットですが、そのままでは味気無いので、擦れや剥げなどをウェザリングにて表現したいと思います。

汚し過ぎも何となく嫌なので、出撃中では無く、戦闘後に戻ってきて綺麗にしたぐらいのイメージです。

1.道具

・エナメル塗料

・筆

・スポンジ

塗りたい色と筆とスポンジだけ!

ウェザリングって道具の敷居低いですね。

やるとカッコ良くなるしどんどんやるべし!

2.ドライブラシ

 まずはドライブラシです。

鉄の擦れなどでの塗装剥げを表現します。

剥げた下地を表現するので鉄なら銀色ですかね?

となると自然と濃い色に有効な気がします。

白色系等では目立たないですね。

では、挑戦です。

手順は、毛の短い筆に塗料つけてペーパータオル等でかすれるまで拭って、パーツの角に擦りつけます。

それだけです!

角に重きを置くとそれっぽさが増すそうです。

アイアンやダークアイアンのパーツにクロームシルバーを施します。


f:id:otoutotozen:20201128212759j:image

道具はこれだけ。

f:id:otoutotozen:20201128212923j:image

やってる途中を撮るの忘れてしまいましたが、こんな感じです。

最初は楽しいですが数が多いと大変です。

あとパーツを分解してやってると、どんな感じで出来上がっているのかいまいち分かりませんでした。

3.チッピング

お次はチッピングですが、こちらも塗装剥げみたいな表現ですね。

手順はスポンジに塗料つけて、少し拭ってパーツの端をトントンするだけ!

コツは角を重点的に!

ドライブラシと同じですね(笑

こちらは、黒っぽい色をつけるのが主流みたいですね。

剥げた表現なら反対に明るい色でも良いのだろうか?

また挑戦して見たいです。

今回はステンレスのパーツにガンメタルを施します。


f:id:otoutotozen:20201128214808j:image

こちらも準備はこれだけ♪

f:id:otoutotozen:20201128214905j:image

こちらもウェザリングに夢中で途中経過を撮れてません⤵︎

ドライブラシとチッピングは似てますね。

擦り付けるか叩くかの違いです。

チッピングも特に失敗なく終わりました。

4.完成

そして、全艶トップコートを吹いて組上げました。

ついに!

ついに!!

ついに完成です!?

f:id:otoutotozen:20201128215349j:image

どうですか?

f:id:otoutotozen:20201128215421j:image

どうですか?

f:id:otoutotozen:20201128215435j:image

どうですか!?

f:id:otoutotozen:20201128215452j:image

いい感じ⤴︎︎⤴︎︎

イメージ通りです!

リアルな感じになりました!

大満足です!

更に背景変えただけのベストショット♪f:id:otoutotozen:20201128215555j:image

自分が本当に作ったのかと思うぐらいの出来です♪

評価

今回は細かい所は目をつぶって、素直に評価します。

という訳で今回の採点は…

 

120点満点!?

 

大きく出ましたが、思い通りの作品が出来たので素直に嬉しいのです♪

熟練者さん達から見ればまだまだだとは思いますが、まだまだやった事ないこと、やりたい事がいっぱい有るのでどんどん挑戦していきたいと思います。

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

 以下、今回使用した道具です。

 

 

 

#2-3 RG シャアズゴック ・塗装 例の如く失敗しましたよ

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体は…

引き続き『RG シャアズゴックです!?

前回までのサフ状態

f:id:otoutotozen:20201108183526j:image

 今回はついに塗装です。

塗装

鉄人見たいな感じを作りたいのでメタルカラーで塗ります!

調色とか良く分からない素人なので、原色を駆使していきます。

1.道具

・イージーペインター

・塗料 メタルカラー

もうお馴染みのイージーペインターです。

2.準備

 塗装色毎に分けました。

今回は、アルミ、ステンレス、アイアン、ダークアイアンの4つを使います。

サフの段階から分けていれば楽なのに…

3.塗装

まずは1番明るいアルミから行きます。

イメージは内部の駆動部です。


f:id:otoutotozen:20201103201950j:image

よし!

次にステンレス、中央の胴体部分です。

顔となる部分なので少し明るめがいいかと思いました。あとは腕とかの内装的な所。


f:id:otoutotozen:20201103202208j:image

が…

やってしまいました…

これです


f:id:otoutotozen:20201103202453j:image
ひどい💧
いつも通りスプレーを通り過ぎる感じで塗装していたのですが、凹の奥が届いて無いのが気になりスプレーを動かさず定点噴射してしまいました…

そして大量に塗料が載ってしまい、まだらになり焦りました…

焦った私は余分な塗料を取ろうとキッチンペーパーを当ててしまいました…

事態は悪化し結果が先程の写真です⤵︎

更に塗料が無くなってしまい修正は後日になりました。

1体1で薄めているからかすぐ無くなりますね。

結構塗料っていっぱい使うんですね💧

 

気を取り直して次、ダークアイアン。

腕と足のリングの所。


f:id:otoutotozen:20201103210209j:image

最後にアイアン。

手や足の外装部分です。


f:id:otoutotozen:20201103210307j:image

やっと出来ました…

洗浄しては吹いて洗浄しては吹いて…

大変💧

何はともあれ修正は置いといて終了。


f:id:otoutotozen:20201103210524j:image

4.組立て

とりあえずどんな感じになってるか組立てて見る事にしました。

2度目になると少し早くなりますね♪

またバラす予定なので、取りにくい箇所などは無しで組み立てました。


f:id:otoutotozen:20201103211139j:image

f:id:otoutotozen:20201103211155j:image

f:id:otoutotozen:20201103211221j:image

おお!!

様になってきた!

大体配色のイメージはこんなもの。

下地の赤い部分がチラホラ見えますので、再塗装決定ですね⤵︎

反省点

今回はあれですね。

最大の失敗は定点噴射です。

基本を守らないと酷い事になると学びました。

何となくなる事は分かっていたのですが、痛い目を見ないと中々身につきませんね。

二度としない…

でも忘れた頃にやってしまうでしょうね♪

次は修正してウェザリングして完成だ…

やっと完成が見えてきました⤴︎

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

 以下、今回使用した道具です。

 

 

 

etc.#1-3 HGエヴァンゲリオン初号機 ・覚醒風に塗装!赤色もカッコいい⤴

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体引き続きは…

HGエヴァンゲリオン初号機です!?

前回まではこんな感じです。


f:id:otoutotozen:20201101213358j:image

息子の要望で覚醒風に赤く染めていきます。

 

塗装

1.道具

・塗料

・筆

・イージーペインター

いつもの塗装道具達です。

 

darumaganpura.hatenablog.com

 

2.準備

筆塗りとスプレーの2通りで行く作戦です。

筆塗りはマスキングしてみました。


f:id:otoutotozen:20201101213234j:image

スプレー準備は適当にあった段ボールに指してます。


f:id:otoutotozen:20201101213251j:image

準備完了!

3.筆塗り

まずは筆塗りから

塗料を薄めてぬりぬり…

結果…


f:id:otoutotozen:20201101213311j:image

あら?

上手く出来ませんでした↷

厚塗りし過ぎ?

マスキングの上の塗料と一緒に固まってしまいました。

固まる前にマスキングを剥がせば上手くいくのかも…

時間の問題から肩は諦め黒いままにしました↷

4.スプレー塗装

赤塗料を薄め液で少し多めに薄めました。

1対1.5ぐらい?

混ぜたものをいつも通りイージーペインターで噴射!

こんな感じです。


f:id:otoutotozen:20201103085033j:image

あれ?


f:id:otoutotozen:20201103085048j:image

マスキングが逆だ…

薄め液で塗料を拭いて、筆塗りしました💧

これで塗装完了!

5.組立て

塗装したパーツにプレミアムコート全艶を吹きました。(息子はテカテカの方が好きなので)

そして、組立ててる時に事件が起きました…

その事件がこちら


f:id:otoutotozen:20201102124146j:image

f:id:otoutotozen:20201102124223j:image

折れました⤵︎

可動する場所では無いはずなのに何故折れたのか💧

セメントで接着するのに余分に1日かかりました⤵︎

完成

そして完成したのがこちら


f:id:otoutotozen:20201103085149j:image
f:id:otoutotozen:20201103085220j:image
f:id:otoutotozen:20201103085255j:image

 素晴らしい!(自画自賛

覚醒機体として売られているプラモには到底及ばないですが、雰囲気が変わってカッコいい!

色だけで大分かわりますね♪

ヱヴァンゲリヲン改造はこの辺りで限界かも…

反省点

今回はマスキングや筆塗りを失敗しました。

マスキングは単に集中してないだけですね。気おつけなければ!

筆塗りでは何度も失敗してますが奥が深いですね…

筆塗りは上手くなりたいので失敗を繰り返すしかない!

失敗を次の改善点にしていきたいと思います。

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回使用した道具です。

 

 

#2-2 RG シャアズゴック ・サーフェイサー吹きますよ

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体は…

引き続き『RG シャアズゴックです!?

前回までの状態


f:id:otoutotozen:20201031212609j:image

 今回はサーフェイサー吹きますよー

下地サーフェイサー

完成の目標は鉄人見たいな感じを想像していますので、メタルカラーを使う予定です。

メタルカラーを綺麗にするには下地に黒がいいそうです。

サイトによっては黒が正解では無く他の色でもそれはそれで用途が有るみたいです。

私は無難に黒にする事にしました…

1.道具

・イージーペインター

サーフェイサー

 

ザクの武器の時紹介しました道具ですね。

2.解体

 まずは解体!

部位単位とかで塗装も出来そうですが良く分からないので、出来るだけ全部解体します。

 割れ目にデザインナイフを突っ込みこじひたすら開けていきます。

頭の裏なかなか外れませんでした…


f:id:otoutotozen:20201031212747j:image

少し削っときました…

一番苦労したのは胴体の丸い筒みたいなの。


f:id:otoutotozen:20201031220229j:image

引き抜けません💧

壊れるか恐る恐る上のカバーを無理やり外しました。


f:id:otoutotozen:20201031220259j:image

苦労したのはこんな所ですね。

3.ABS樹脂サフ

まずは骨格の部分をサフ吹きます。

ABS樹脂は塗料が浸透すると割れたりするらしいです。

なので直接ラッカー等を吹くと危険!

そこで、調査したところサーフェイサーで下地を作ればいいみたいです。

なので他サイト様が紹介していたタミヤのファインサーフェイサーにしました。

 

缶スプレーなので簡単です。

こんな感じ


f:id:otoutotozen:20201031220530j:image

4.スプレーでサフ

まずはバラした部品を準備。


f:id:otoutotozen:20201031220455j:image

この作業地味に大変💧

毎回やってる人すご!

準備出来たらサフを吹きます。

 黒サフはガイアノーツのエヴォブラックです。

いつものように1対1で薄めてセット。

そして…

発射!?


f:id:otoutotozen:20201031220827j:image

真っ黒♪

焦げたみたいですね。

時間かかりましたがこれで塗装準備完了です。

反省点

記事に書きましたが、パーツの解体に時間がかかってしまいました。

組み立て時のダボ処理の優位性を感じました。

もう少し丁寧な作業を心掛けねば…

次はやっと塗装です、どんな感じになるのかワクワク♪

ご観覧ありがとうございました♪

 

 以下、今回使用した道具です。

 

イージーペインターを使って見た感想

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する道具は…

ガイアノーツ『イージーペインターです!?

エアブラシの代わりにエアーダスター(缶)で塗装する道具です。

御値段

ガイアノーツさんのイージーペインター。

エアブラシを使うには、ハンドピースやコンプレッサー等を買わないと行けないのでお安いセットを買っても5000円以上します。

ですがイージーペインターさんは1500円ぐらいで買えちゃいます。

初めて塗装するのには手軽です♪

内容物

・本体(80ml缶付き)

・専用ボトル

・計量カップ

・スペアチューブ

使用方法

まず軽量カップに塗料と薄め液を1対1で混ぜます。

 軽量カップにメモリがあるので分かりやすい♪


f:id:otoutotozen:20201031191007j:image

次に本体にセット。


f:id:otoutotozen:20201031191028j:image

そして噴射!

これだけです。

簡単⤴

エアブラシみたいに噴射量を調整は出来ませんが、普通の缶スプレーよりちゃんと粒子が細かくなってます。

ボトルに対してチューブが少し短いので、塗料が少し残ってしまうのが少し困ります。

チューブを長くするとか出来ればいいのですが…

清掃

清掃ですが、塗料を落とす為に薄め液やツールウォッシュ等を使います。

チューブや本体の吹き出し口を綺麗にする為、塗装終了後にボトルに、薄め液やツールウォッシュを少量入れ吹きます。

その後吹き出し口を液をつけた布やペーパー等で拭き取ります。

必ず終わった後にしないと次詰まって使えません💧

詰まった時は、薄め液やツールウォッシュを噴射口やチューブに垂らして清掃して下さい。

消耗品

カートリッジ(缶)は消耗品なので、無くなれば当然買わないといけません。

ボトル一杯に塗料を入れて、5,6回吹いたら無くなった気がします。

ガイアノーツさんからカートリッジの予備2個セットが売られています。

ですが、同じ形状のエアーダスターなら使えます。

他のエアーダスターの方がお得なので私はそちらを使ってます。

ガイアノーツさんごめんなさい💧

まとめ

安くて使用感に問題は無いので、塗装を始めるなら手始めにこれって感じです。

塗料が少し残るのが難点ですが改造とかしている方もおられる見たいなので解決は出来るかもしれません。

塗装にチャレンジって方は使用してみてはいかがでしょうか?。

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、道具を使用した記事です。

 

 

#1-5 HGUC ORIGINシャアザク ・ヒートホークをウェザリング?これヒートホーク?

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体は引き続き

HGUC ORIGINシャアザクです!?

とまたまた武器の続きです。

前回では塗装までしましたが失敗してます。


f:id:otoutotozen:20201030154850j:image

修正しながらいろいろ試してみました。

道具

・塗料

・筆

・綿棒

今回は特に変わったものは無く、必要なのは塗料と筆です。

ウェザリング

金属の剥げや砂がついてたり錆てたりをリアルに表現する為に汚す手法をウェザリングというそうです。

これが上手に出来るとプロっぽく見えます。

挑戦していきます!

1.修復

剥げてしまった部分をまたエアーで塗布するのは大変なので筆で塗ってみました。

筆の際は薄め液との割合を減らし塗ります。
少しで良かったので塗料皿に塗料を少したらして、薄め液はスポイドで少しだけいれました。
サフを塗り、ダークアイアインを塗り…

筆でも特に問題なさそうですw

ちなみに写真を忘れました。


2.ウェザリング

ウェザリングにもいろいろ種類があってドライブラシやらウォッシングやらいろいろ…
説明は例のごとく他サイト様を見てください。

自分でもまとめられたらと思いますが説明できるほど回数もないので💧

本題に戻ります。

今回私が考えたのは、下地に銀色で上から黒鉄色を重ね間をぼかしてリアリティを出す作戦!

上の黒鉄色を薄め液で溶かせば上手く出来ると妄想♪

では、適当にあった綿棒に薄め液をつけてトントン…

軽くこすったり…


f:id:otoutotozen:20201030154908j:image

どうでしょうか…

凄い!?

自分でも大満足な出来!

興奮が止まりません♪

勢いに乗り裏もトントン…ゴシゴシ…


f:id:otoutotozen:20201030154922j:image

あれ…

下まで剥げた…

塗り直して再度挑戦!

上手くいきません…

ただのビギナーズラックだったのか…

塗装膜の厚さとかいろいろ関係してくるのだろうか難しい事に気づきました↷

 

手法を変えてみます。

銀色と黒鉄色の間を中間色でぼやかしていく作戦!?

色の調色は良くわからないので、買ってた中間そうなメタル色で挑戦してみます。

クレオスのメタルカラーを使い、ダークアイアン→アイアン→ステンレス→銀サフで上手くいくかな?

濃い色から綿棒で適当にトントン軽く叩くようにしてみます。

結果は…


f:id:otoutotozen:20201030154946j:image

おっ!?

刃紋とは呼べる代物では無いですが、これはこれで味があっていい出来!

これなら簡単に出来る!

裏もトントンで完成!


f:id:otoutotozen:20201030155007j:image

刃の部分はこれで納得。

後は持ち手部分をドライブラシでウェザリング

塗料のステンレスを筆につけキッチンペーパーにつかないくらいなすりつけます。

角っぽいとこにささっとなすりつけ付けるだけ♪

やりすぎ注意ですが、作業は簡単ですね。

これだけで見た目が手が込んでる感じがします。

なかなか満足!

そして、ザクとの写真
f:id:otoutotozen:20201030155235j:image

カッコイイ⤴︎︎⤴︎︎

1度やってみれば、意外と出来るもんです。

失敗してもやり直すだけなので恐れずやれます。

 

ついでに、同じ感じで作ったザクバズーカです。

発射口の中を黒く塗り、周りをタミヤウェザリングマスターのオイルを付けてみました。


f:id:otoutotozen:20201030155328j:imagef:id:otoutotozen:20201030155420j:image

こちらも満足♪

この作業面白いですね⤴︎︎

反省点

今回失敗はしましたが反省する事は無い!

と思いましたが完成した後気付きました。

これはヒートホークなのかと…

ただの斧にしてしまったのでは…

カッコイイからOK♪

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回使用した道具です。

 

 

 

 

 

#1-4 HGUC ORIGINシャアザク ・武器の塗装に挑戦!サフと塗装したが怒られた…

ご観覧ありがとうございます!

ガンプラ製作初心者『だるま』です。

 

今回紹介する機体は引き続き

HGUC ORIGINシャアザクです!?

と言いましたが武器の続きです。

前回は欠けた部分をパテで埋めました。



f:id:otoutotozen:20201028201228j:image


今回は本サフと塗装に挑戦します!

道具

・イージーペインター

・塗料

サーフェイサー

今回は銀色のサーフェイサーを吹いて、その上から黒鉄色を吹いて色分けする作戦です。

初めての塗装なのでテンション上がります♪

と、言いましても塗装スプレーやコンプレッサーはそこそこお値段しますし手が出ません…

そこで発見したのが『イージーペインター』なる物!

エアーダスターに塗料を取り付けて使用でき、それなりのキメ細やかな粒子で塗装出来る代物!

しかも、お値段もお手頃なので初心者にはうってつけ♪

と言うわけで今回はガイアスプレーで塗装です。

塗装

なにわともあれ挑戦していきましょう!

1.パーツ洗う

まずは削りカスやホコリ、手の脂などを落とす為に洗います。

洗剤なので洗うそうですが良くわからないので今回は水洗いのみしました。

で水気取って乾燥です。


f:id:otoutotozen:20201028230539j:image

仮サフが残ってますね💧

2.サーフェイサー吹く

乾いたらサーフェイサーで下地を整えます。

今回はサフのまま銀色部分を残す予定です!

まずは準備。
セディアにて塗装ベースとワニ口クリップを100円でゲット!

竹串やワニ口に両面テープで貼り付けました。

段ボールで側を囲い、キッチンの換気扇下で挑戦です。

まずはガイアノーツのサーフェイサーエヴォシルバーと薄め液ブラシマスターを1対1で薄めます。


f:id:otoutotozen:20201028230646j:image

そしてイージーペインターにセット!

f:id:otoutotozen:20201028230712j:image

そして噴射!

f:id:otoutotozen:20201028230805j:image

どうでしょうか!

私は初めてですがテンション上がる出来です!

まだ、サフなんですけどね💧

組み立てて塗装すると掴む所が無くなりますね…

接着した後にしたいのでみなさんどうしているのやら?

30分空けて2回に分けて噴射を裏表やりました。

3.塗料を吹く

計画通り銀色と黒鉄色に分けたいので、銀色を残したい部分をマスキング。


f:id:otoutotozen:20201028230922j:image

そして、黒鉄色はガイアノーツのダークアイアンで行きます。

また薄め液で1対1で薄めました。


f:id:otoutotozen:20201028230949j:image

そして、噴射!


f:id:otoutotozen:20201028231020j:image

そして、2,3回吹いて完成です!

ここで完成の写真なのですが、なんと撮り忘れ💧

早とちって次の作業に移ってしまいました⤵︎

ですがヒートホークの写真が残ってました。


f:id:otoutotozen:20201028231232j:image

お分かりでしょうか。

色分けは成功してますが塗料が剥げている箇所が有ります。

マスキングが早すぎたのかな…

他の武器はそこそこ上手く出来ました!

この後ウェザリングに挑戦したのですが、早くやりたくて写真撮るの忘れてました💧

次回の記事で出させて頂きます。

反省点

 今回気持ちが先走り、工程を飛ばしたり写真を撮るのを忘れてしまいました。

これ

f:id:otoutotozen:20201028232236j:image

乾かしたりしてる間に別の場所に置いてしまって塗装してなかった部品達です。

また、他のと塗装しよう…

 

そして今回最大の失敗は、キッチンの換気扇下でサフを吹いた事です。

サーフェイサーって結構飛散してしまうみたいで、やってる時はそんなに汚れて無かったのですが指でなでると指にびっしり…

ティッシュで拭くと汚れが伸びて黒く…

怒られました⤵︎

ツールウォッシュなどで頑張って掃除しました⤵︎

塗装ブースと言うものを買うか…作るか…

それとも外でするか…

悩みものです…

それはさて置き、次は出来た武器をもう少し改良したいと思います。

 

ご観覧ありがとうございました♪

 

以下、今回使用した道具です。